浮気をさせたくない奥様へ!夫に不倫させないためのテクニック

夫の浮気は、ちょっとした妻の心がけ次第で防止できることがあります。

ここでは、夫に不倫させないためのテクニックをご紹介します。

夫に疎外感を与えない

まず大切なことは、夫に寂しい思いをさせないようにすることです。

それなりの結婚期間がある夫婦の場合、夫の存在をないがしろにしているケースが珍しくありません。

例えば、話しを聞いてあげない、子供の話題が中心、夫に相談をせずに物事を決めてしまうなど、このような日常ですと夫としても寂しい思いをしてしまいます。

夫は自分の存在意義を家庭に見出すことができなくなった場合、外に救いを求めてしまうことがあるのです。

他に優しい女性がいたらなびいてしまうのも無理はありませんので、まずは夫の存在を認めて大切にしてあげるようにしましょう。

財布のひもを適度に握る

お金に余裕がある場合ですと、どこかで遣いたくなってしまう心理になりやすいです。

女性のいるお店にも足を運んでしまうようなこともあれば、外で出会った女性にお金を遣うようなこともあるでしょう。

そうした行動にさせてしまうのはお金に余裕があるのが原因です。
そのためお金を遣わせないようにすることで抑止となる可能性がありますので、財布の管理に乗り出すのが効果的と言えます。

ただしあまり厳しくしてしまうとストレスになり家庭が嫌になってしまいますから、ほどほどの管理に留めるというさじ加減が大切です。

浮気されたときの対応を宣言する

浮気をされた時の対応について予め伝えておくのもテクニックの一つです。

例えば、浮気をしたら一度でも即離婚、という具合に意思表示をしておくことで、夫の方も簡単には浮気ができなくなります。

浮気をする男性の中には、いざという時には謝れば何とか許してくれるだろうという甘い目論みを勝手に持っているような人もいますから、先手を打ってそうした考えを握り潰してしまうのです。

浮気を防止するには、もしもやってしまった時にどうなってしまうのかというシチュエーションをリアルに想像させることが有効ですので、そのためにも予め考えを宣言してしまうのが良いと言えます。