不倫相手への慰謝料請求はいくらが妥当?決めるポイントとは?

浮気相手に慰謝料の相場は50万円~400万円の幅がありますが、一般的には約200万円が妥当な金額です。

請求する際の金額設定のポイントは、いかに不倫が悪質であったかと、それにより発生した被害の大きさです。

一つ目のポイントである不倫が悪質かどうかについては、

  • 浮気が一度きりなのか
  • 長年に関係があったのか
  • 不倫相手との子供の有無

で判断されます。

浮気相手が夫もしくは妻が既婚者だと知っていた上で、家庭崩壊を意図して浮気したかどうか、という点もポイントです。

他にも、もうしないと約束していたにも関わらず、また浮気をしてしまったなど、浮気の内容が悪質かどうかで慰謝料の請求金額が変化します。

また、二つ目のポイントである不倫による損害については、その浮気が原因で別居になった場合は100万円~200万円、離婚という結果になった場合は200万円~300万円の慰謝料請求が可能です。

つまり、家庭円満だったのに、今回の浮気相手が家庭を壊した場合、浮気相手の責任は重くなり金額が上がります。

一方で、浮気が発覚した後も別居も離婚もせずに元さやに戻った場合には50万円~100万円というのが相場で、慰謝料請求金額は少なめです。

また、浮気が原因で、精神的苦痛を受けたことが証明できる場合も増額となる可能性があります。
うつ病になった際には、診断書を発行することで、金額を引き上げられる可能性もあります。

他に増額となる要素としては、慰謝料を請求する相手の収入が高かった場合や、夫婦間に子供がいる場合、もしくは妻が妊娠中だった場合など精神的被害が大きい際には、増額要素としてカウントされます。

浮気の証拠が揃っているにもかかわらず、浮気相手が否認し続けることも、被害者感情を踏みにじる卑劣な行為として増額できる可能性もあります。

逆に、浮気の原因が自分にある場合(性交渉の拒否など)は減額されることもあります。

いずれにせよ、慰謝料の金額を引き上げるためには、証拠が必要になります。